読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃっくんろーる!

アニメと食とファッション

勉強?コミュ力?「就活で大切なモノ」に関するまとめ

ライフスタイル 仕事・働く

こんにちは!じゃっくんだよ〜

僕の就活はもう去年で終わっているんだけど、前々から思っていることを書いてみるよ!

ひとまず、ちょっと前に話題になったこの画像を貼っておこう
f:id:jacjac__jack:20131230103430j:plain
マガジンで連載している「君のいる町」という、就活がテーマのマンガのシーンですね。

これを見て、「あ〜、いるよねこういう人」と、悲しくなりました。


【この画像を見て思うこと3つ】
1.本当にただ遊んできただけのダメ人間が内定とっていくのか?
2.なんで勉強が好きなのに勉強に関係のない分野に就職しようとしているの?
3.僕の友達でも、サークルに入らず飲み会も参加せず勉強がんばってその勉強を売りにして就活していた人いるけど、普通に成功していたぞ?

まず1に関して
正直なところ、そういう場合もあります。
でも、僕の周りの遊びまくってる人達で良いとこに内定した人は、それと同じくらい勉強しているような。
確かに大学内の必修などの勉強は疎かにしがちな気もしますが、それでも興味のある専門科目は皆高い成績を残しています。
また、自分の興味のある分野に関する勉強も独自に進めている人が多く、専門科目外の難関資格を持っていることも珍しくありません。(法学部で簿記一級持ってたりとか)
「なんで?」と尋ねると、大体の場合「自分が将来やりたいことに繋がっているから」という答えが返ってきます。
また、一見すると遊び回っている人達でも、その内容は彼らの将来に繋がる重要な"勉強"である可能性もありますね。
例えば「働きながらも音楽にずっと携わりたい!音楽関係のコミュニティに属したい!」という人がDJやっていたり、「海外で働きたい!」という人が国際交流サークルで外国人の友達作ってウェウイェイしてたり。
ケースバイケースですけどね。(結局!)

次に2に関して
もう本当にめっちゃこれ叫びたい
「そんなに勉強が好きなら大学院行って教授になれよ!!!!!!!!!」
ふぅ
勉強勉強!な学生生活を過ごしてきて、いざ就活になったら勉強してきたこととは関係ないところにエントリー……これって変だと思うんですよね。
例えば
勉強マン「私は法学部で法律に関して熱心に勉強してきました!成績はオール優です!好きな科目は少年法です!あ、でも食品メーカーである御社で国際経営企画やりたいです^^」
採用担当「え??うん??あ。おう」
てなるよね!

最後に3に関して
僕の友達は法学部でめちゃくちゃ勉強頑張ってて、上であげたマンガみたいに「他人と差をつけるために勉強するぞー!サークルも入らないし、飲み会もほとんど参加しないぞ!」みたいな奴だった。
でも、その勉強も、彼が将来なりたいもののための勉強だったし、結果として就活も成功していたな〜
ちなみに彼は国家公務員になるみたい。

結局何が言いたいかというと、あの漫画の女の子は「自分が何をやりたいかわからないけど、とりあえず勉強してた。結局自分が何をしたいのかわからないまま就活もしちゃった」ってだけの"他の人とある意味では差をつけた(皮肉)"学生だったってことですね。

それでもね、勉強だけしていたとしても、それも十分アピールできるはずなんですよね!
ここで、タイトルにした「勉強?コミュ力?」という話題になっていくわけです

【勉強?コミュ力?就活で大切なのはどっち】
結論から言うと、やはり圧倒的にコミュ力です
ただ、この「コミュ力」という言葉は、リア充(笑)とかDQN(笑)とかの言っているコミュ力とはかなり違うものだと考えています。
就活で多くの人が言っている「コミュ力」というものは、つまり、「相手の望んでいるものや質問の意図を正確に捉える力」および「自分の考えを相手に誤解なく正確に伝える力」のことだと思います。

漫画で女の子が「面接官は勉強をアピールする私に関心を抱かない!」みたいなことを言っていますが、多分この女の子は「相手の望んでいるものや質問の意図を正確に捉える力」に欠けていたんじゃないですかね。
例えば
採用担当者「あなたが学生時代に最も力を入れて取り組んだことはなんですか?」
学生「私は学生団体のリーダーです」
採用担当者「そうですか。それで、最も力を入れて取り組んだことは?」
学生「ですから、私は学生団体のリーダーです!」
採用担当者「は、はぁ……」
みたいな感じで、「私は勉強を沢山しました!」という事実だけを答えていたんじゃないのかなと。
現実でもこういう人はとても多い。

この「あなたが学生時代に最も力を入れて取り組んだことは?」という質問で聞きたいのは、「どういうことに興味を持つのか?」「集団の中でどういう立ち位置で、集団にどういう影響を与えたい人なのかな?」「この学生の言う強みは、自分の会社に合致しているものなのかな?」などなどなんです。
なのに、ただ「〜をやった!」という事実のみ言っていても、まあ「どういうことに興味を持つのか」くらいしか情報がないので、他の情報量の多い回答をしてくれた人に興味が移るのは仕方のないことだと思います。

きっとこの漫画の女の子も、とても頑張って勉強をしていたんだと思います。そして、一般的な学生とは比べ物のにならないくらいの知識や教養を持っているのだと思います。
勉強は素晴らしいものです。
しかし、それを相手に伝えるだけの「コミュ力」が無ければ、どんなに良い物を持っていたとしても意味がないのです!
すごく強い武器を持っていても、その武器を持ち運ぶだけの筋力がなければ意味がないのと似ています。

だから「勉強?コミュ力?どっちが大切?」と聞かれたら、「コミュ力!」です。
勉強も大切だけど!

就活って面倒くさいですね
就活生の人は頑張ってください

なんかまとめ方が雑になってしまいましたが、ぶっちゃけ就活もやりたくなかったらやらなくていいんじゃないですかね
2年くらい海外で生活してきなよ!
僕は不労所得で生きていきたい(働きたくない)

ではでは

【↓この広告ワンクリックしていただけると嬉しいです!!】

ば〜い
@jacjac__jack