読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃっくんろーる!

アニメと食とファッション

朝起きれない人必見!早起きするための5つの秘策!

ライフスタイル

こんにちは!じゃっくんだよ〜

朝起きるのって辛いですよね!
会社や学校にも遅刻したくない……でもギリギリまで寝ていたい……そんな人にとって、朝起きることは至難の業。

例に漏れず僕もそうなのですが、そんな僕が日頃行っている「早起きするための秘策」を書いていきます!

1・エアコンのタイマーを活用する!
2・目覚ましを複数パターン用意する!
3・寝る前にTo Doリスト作成!
4・カーテンを開けて寝る!
5・座って寝る!


1・エアコンのタイマーを活用する!

タイマー予約で、自分の起きる予定の30分前に暖房が入るように設定しておきましょう!
f:id:jacjac__jack:20140113083351g:plain
( 睡眠トリビア|かくれ不眠ラボ 睡眠改善委員会 )
この図からわかるとおり、体温が高くなると覚醒度も高まります。
夏場、暑苦しくて起きちゃうことありますよね?それと同じ状況をエアコンで作り出すのです!

2・目覚ましを複数パターン用意する

f:id:jacjac__jack:20140113091436j:plain
みんながよくやるのが「目覚し時計を手の届かないところにおいた〜」というもの。確かに効果はありますが、ワンパターンだとすぐに慣れてしまいます。
なので、複数パターン用意してローテーションしましょう!

例えば「目覚し時計を手の届かないところにおく」「5分刻みで5回目覚ましがかかるようにする」「複数個目覚し時計を設置する」という3つの目覚まし方法を、曜日によってそれぞれ変えていくのです。
そうすると、朝寝ぼけていることもあって、長期間新鮮な寝起きを得ることができます!

3・寝る前にTo Doリスト作成!

f:id:jacjac__jack:20140113091503j:plain
枕元に手帳を一冊置いておき、そこに翌日にやらなければいけない「To Do」を何個か書き込んでおきましょう!
翌日やらなければいけない事が明確になることで翌朝に対する緊張感が上がり、起きやすくなります。

4・カーテンを開けて寝る!

f:id:jacjac__jack:20100616151457j:plain
人は日光を浴びるとすぐに目が覚めるものです!
もし窓が東を向いているのであれば、積極的にカーテンを開けて寝ましょう。
本当にすぐ目覚めます。
ただし、夏場は日の出が早いので注意が必要です!

5・座って寝る!

f:id:jacjac__jack:20140113091652j:plain
「徹夜してしまってあと三時間後には出かける準備をしなきゃいけないけど、ものすごく眠い!どうしよう!」という経験、誰しも一回はあると思います。
そして、「布団で寝たら、絶対に寝過ごす!」と思って
頑張って寝ずに過ごしてしまう人のなんと多いことか!
そんな時は、座って寝ましょう!!

強制的に寝づらい体勢で寝ることで、十分な睡眠は得ることができませんが、それでもある程度の睡眠をとりながら簡単に起床することができます!


以上!
皆さん早速実践してみてください!

寝る前にオススメすることとしては、こちらの記事も参考にしてみてください!
一年の振り返り方。僕が習慣にしていること! - じゃくじゃく!


ではでは

【面白かったら↓この広告ワンクリックしていただけると嬉しいです!!】

ば〜い!

偽JKじゃっくんP (jacjac__jack) on Twitter