読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃっくんろーる!

アニメと食とファッション

海外旅行を選ぶ3つの理由!40万あったら海外旅行?スーツ買う?

こんにちは!じゃっくんだよ~

 

最近思うところがあったので、旅行って何がいいの?っていうことについて書いていくよ

 

「俺は金あったらスーツ買うわ。海外旅行とかバカでしょ」

「ああああ!!????」

っていうことだよ!

 

まあ僕個人の勝手な意見なので、共感は産まないかもしれませんが。

 

  1. 想像できるorできないの問題ではない

  2. 代替可能か不可能か

  3. 【経験】か【物】か、ということ

 

 

想像できるorできないの問題ではない

とりあえず僕は今の時点(大学四年)ではスーツを買おうとは思わないんですよね。

「物をかう!」信者の人がよく言うのが、「海外旅行で得られるものって、結局想像できちゃう気がするんだよね」っていう言葉。

確かにそうかもしれない。

ただ僕は、世の中には『自分の想像したものしか体験できない人』と『自分が想像した以上のものを体験しようと行動する人』の二種類がいると思っています。

 

もしかしたら、前者の人の想像力がずば抜けているのかもしれない。

もしかしたら、後者の人の想像力が足りていないのかもしれない。

 

それでも、「想像できるから」という理由だけで行動をやめてしまうのはすごくもったいない気がするんですよね。

想像できるんなら、経済だってもっとずっとはるかに合理的になっているはずなんですよっ

 

結局『自分の想像したものしか体験できない人』っていうのは、「今まで実際に行動に移したことのない人」か「今までたくさん行動に移してきた結果、想像できるようになってしまった人」のどちらかだと思うんですけど、ほとんどの人は前者ですよね。

僕があってきた人のほとんどは前者でしたよ。

 

想像するかしないか以前に、行動できるかってことですね。

行動できる人は、勝手に自分の選択肢を広げていってますよ。

 

 

代替可能か不可能か

そしてなにより、「物は代替可能なもの」だけど「記憶や思い出や体験っていうのは、代替不可能なもの」なんですよ。

そして、記憶や思い出や体験っていうのは、それを持っている人に【将来の選択肢】をより多く与えてくれるものなんです。

海外旅行に限らずね。

 

確かにスーツとか靴とか物も大切かもしれませんが、大学四年というまだまだ将来のある段階で物を選択してしまうのは本当にもったいなく思う。

例えばそれが、バイクとかパソコンとかギターとか「スキルとして【将来の選択肢】を広げてくれるもの」なら大いに結構だし、海外旅行なんかよりもわかりやすく選択肢が広がるからむしろこっちの方が良いように思う。

でもそこでスーツとか靴とかっていう「スキルも何も関係のない嗜好品」に若い時から大金をかけるのは、僕は反対だな。

 

 

【経験】か【物】か、ということ

今回はわかりやすく海外旅行・スーツという言葉を使ったけど、もっと抽象的な言葉を使うと【経験】か【物】かっていうことね。

 

【経験】は劣化しないけど、【物】って実体があるから劣化していくんだよね。流行りの型とかもあるしあるし。

よく「経験とか思い出とかって抽象的すぎてまじ爆笑なんだけど。しかも海外旅行で得られるものとか想像できるしね(笑)」みたいな話を聞くけど、僕はすごく矛盾してるなぁと思ってるよ。

 

だって、「経験とか思い出とか」がどんなものを意味してどのように人生に関わってくるのかも想像できない陳腐な脳みそなのに、旅行で得られるものは想像できちゃうんだ(笑)すごいね(笑)ってことなんですよ(めっちゃ皮肉)

 

人間が怖いものって「知らないもの。予測できないもの」なんですよ。

暗闇とかもそうなんだけど、今回の話の場合だと「海外旅行で得られるもの」ね。

暗闇の場合、人々はその恐怖に形を与えようと「妖怪」というものの存在を作り出したとかいう説もあるわけだけど(本当にいるかもしれないと僕は信じてるけど)、海外旅行で得られるものの場合、これは「想像できちゃうんだもん!」っていう思考に逃げ道を作ってるわけですよ。

 

つまり「想像できる!」信者の人たちの多くは、自分がリスクをとることを怖がってるんじゃないですかね(鼻ホジホジ)

 

わからないなら暗闇の中を探検してみよう。

わからないならとりあえず行動してみよう。

わからないか行動して、はじめて本当のことがわかるようになるんじゃないですかね?

 

何をするにもやっぱり「想像できるから」で済ませちゃうのは本当にもったいないことだと強く思います。

 

ではでは

 

ば〜い!

 

@jacjac__jack