読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃっくんろーる!

アニメと食とファッション

「 目覚ましの30分前に暖房を予約」生活効率化改革!朝の時間を有効に使うために

ライフスタイル

f:id:jacjac__jack:20141106071620j:plain
こんにちは!じゃっくん(@jacjac__jack)だよ〜

社会人にとって朝の時間は大切!ということで、朝の時間に色んな人がやっていて、かつ、自分でもやってみて良かったものをまとめてみました。



目覚ましの30分前に暖房を予約

睡眠は体内温度と関係があると言われています。
体温が低くなると眠くなり、高くなると覚醒に近づきます。
雪山とかの映画で「ねむい……」「バカヤロー!寝たら死ぬぞー!」のやりとりは有名ですね。
暖房を予約しておくとスムーズに目が覚めます!これはマジ

睡眠感知の目覚ましアプリを使う

これを入れておくと、本当に浅い眠りの時に起こしてくれます!
びっくりです。
暖房+睡眠感知の目覚ましアプリで、まずはスッキリした目覚めを得ることが出来ました。

起きてすぐシャワー

起きてすぐのシャワーは交感神経が刺激されるので、目がスッキリ覚めやすいと言われています。
寝癖も直せるので一石二鳥。
僕の場合は(本当は良くないのですが)髪の毛は自然乾燥です。
家を出る20分前にはある程度乾くので、ブローとセットの時間をかなり短縮することができます!

朝イチでメールとかSNSとか見ないで一日の予定を再確認

メールとかSNSとかは通勤の歩いている時に見れるので、必要最低限のみ。
一日の予定を再確認しておくと、無駄な時間を使わなくて済むので楽ちんです!


それで僕はこのブログを書いているわけです!
勉強もできますし、アニメも見れます。

よく「ギリギリまで寝ている」という人もいますが、なんかもったいないなと思ってしまうのです。
仕事に行くギリギリまで寝ていると、1日の始まりが通勤から始まることになります。
1日のうち、最も頭がクリアで働く時間を通勤に使ってしまうのは非常にもったいないことだと思います。

家を出る2時間前に起きて作業すると、朝の1時間を快適に自由に過ごせるようになり、とってもリフレッシュできるのでオススメ!
時間のゆとりもできて、ある程度1日も生きやすくなります。

この朝の時間にアイデアを考えるのもよし、会社を辞めるための勉強をしてもよし、なんなら転職活動をしてもよし。
最高じゃないですか!

ビバ!現実逃避!

ではでは

ば~い!