読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃっくんろーる!

アニメと食とファッション

百聞は一見に如かずとはこういうことか

こんにちは。

世の中の偉そうな人は結構こういうことを言ってくる傾向があると思う。
「実際の体験がなあ、人生に深みをもたらすんだよ。なあ。」

これはみんなが日本史の授業で習ったかもしれない「漢書」趙充国伝に書かれている「百聞は一見に如かず」を自分なりに言い表している言葉なんだね。

でも、世の中の偉そうな人は大体、「百聞は一見に如かず」っていうことを教えたいのではなくて、自分の発言に対する「それで、どんな体験をなさってきたのですか(ゴマすりすり)」という質問を待っているだけなんだなあ。
そしてドヤ顔で始まる「自分はこんなにすごいことをしてきたんだぞ」という語り。
う〜ん。僕ちゃん困っちゃう。
====

色々ありますよねこういう体験。
例えば、「勉強会」という名目の議題の無い集まりにノコノコとついていくと始まってしまう、中心人物の自分語り。
例えば、「就職相談乗るよ」と言ってきた優しそうな先輩とご飯に行ったら、相談に乗ってくれない代わりにありがたい自慢話が始まるとか。
そんな感じ。

これなら、スタバで隣の席に座った女子大生の話を盗み聞きしている方がよっぽど人生の役に立ちそうなものなのである。

なので、この「百聞は一見に如かず」という言葉の価値もなぜか一緒に僕の中では価値が下がってきてしまっていたのでした。
もちろん、実体験は大切だと思いますし、現在は物を買うよりも体験の方にお金を落としまくっている僕でありますが!

そんな感じで生活している時、「百聞は一見に如かず」を改めて実感する体験をした。
ある日、というか先日、ふと「オデッセイ」を見に行きたくなったわけで、取り敢えず朝一番の上映を予約して映画館に向かった。
オデッセイは原作は「火星の人」といって、ここ最近で読んだSF小説の中でもかなり面白い部類に入るので、これは期待が高まる。

kindle版はお得なのでそっちを買った方がいいかも。

そして、期待が高まりすぎて、寝坊した。

スーパーダッシュ。

いつもより息がきれる。

なるほど、朝ごはんを抜いてしまったせいだろう。

仕方が無いので、ローソンで焼きおにぎりを買って食べた。

無事間に合って開演。

う〜む、非常に良い。

火星の重力は地球のそれの約1/3である。

不思議と自分も宙を浮いているような、ふわふわくるくるしたような感覚に。

目が回る。

おかしい。

胃袋の中もなんかふわふわしている。

明らかに焼きおにぎりが消化されていない。

吐き気がする。

なんだこれは。

……死。

…………死だ!

4DX体験ではなく、死だ!

気合いでオデッセイを見終わり(情報量が原作と比べると圧倒的に少なかったけど、やっぱり爽快で良い作品だった)、速攻で帰宅し嘔吐!!!

OH!!!!TO!!!!!

梨汁ぶしょああああああああああああwwwwwwwwwwwww

上からも下からも出てきよる!!!

うひょおおおおおおおおおおおおwwwwwwwwwwwww

なにこれ辛い。
一体自分の身になにが起きたのかわからない。
天才的な頭脳をフルに回して考えてみた結果、これはもしかして胃腸炎というやつなのではないかと思い至った。

しかしながら今までの僕は胃腸炎に対してうがった考えを持っており、「要は胃と腸がちょっと痛くなって、てへっ♪ってなカジュアルな感じなんだろ」と思っていた。
ちょっとお腹が痛くなるだけ……。
そう、以前の安倍首相の潰瘍性大腸炎の時の無知な議員やニュースコメンテーターのごとく、胃腸炎に対して非常にカジュアルな印象を持っていたのである。

しかしそれがどうだろう!

ゼリーを食べてもマーライオン


水を飲んでもマーライオン



胃の中になにも入っていなくて飢餓で苦しんでいるのに何かを入れると(みんなで一緒に〜!)




∧( 'Θ' )∧<マーライオン!!!!






ふっざけんあfくぁwせdrftgyふじこlp;!!!!!!

辛すぎワロタ状態ですよ。
会社でマネージャーが「胃腸炎程度で休んでんじゃねえよゴルァ!!」と電話口で女性社員に切れていたというのを聞いて、「胃腸炎ってたいしたことないのかな」とか思っていた自分が情けない。というかマネージャーが怖い。

腸炎、たいしたことありますよ。

正直、自宅から動けなくなりましたもん。

というか、ベッドから起き上がれなくなりましたもん。

休日だというのにベッドの上で神に祈りを捧げる……。

あれ?

僕は敬虔なクリスチャンだったのか……。
模範のようなクリスチャンの休日じゃないか。
むしろ外出していたら教えに反する。

いやしかしやっぱり冷静に考えて僕はクリスチャンじゃなかったのである。

祈りを捧げながら体力を回復し病を治すために寝る。
しかし空腹のため眠ることができない。
さらにしかしお腹に何かを入れるとマーライオン

恐ろしい胃腸炎

まさに「百聞は一見に如かず」であった。

僕はこのお話をドヤ顔で書いているのだった。