読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃっくんろーる!

アニメと食とファッション

中野に変なチャーハン屋さんが新しくオープンしていたので行ってみた

今日もいろんなものを食べているよ。

休日に何気なく中野を歩いていると、駅前からブロードウェイまで伸びている「サンロード」の一角にきになるお店の出店広告が。
よく見てみると「炒王(ちゃおう)」というチャーハン専門店らしい。
チャーハンというと中華料理屋さんでよくみる、エビとチャーシューとグリンピースと卵のはいっているやつを思い出すけど、このお店のオススメは肉あんかけチャーハンと書いてあった。
店頭は完成しているのにまだオープンしていないということで、数日待ってみることにした。

そして4月6日にオープン!
おめでとう。
その日に行こうと思っていたのだけれども、なんか行列ができていたので行く気が無くなり結局肉を食べに行った。
中野にも「いきなりステーキ」があるのをご存知だろうか。やっぱめっちゃ良い。
フラワースタンドも巨人の坂本選手とか小栗旬さんとかからきていて、以外と知られているお店なのかなと思ったり。
少し話がずれたけど、そんなこんなで今日やっと食べに行くことができたので以下でどんな感じだったかまとめてみたい。

店内

店内は結構広く、お一人様席が多い印象。奥は全部カウンター席だったし、テーブルも2人組用のものが8セットくらいあるだけ。
やっぱり土地柄、少人数のお客さんを想定しているんだなと思った。
注文は食券機でさばいているので、ちょっと安っぽい。炒飯の王様って感じではない。
ちょっと狭い感じはしたけど、まあそんなもんかって印象。
お客さん同士がすれ違うのは結構難しいくらいの狭さ(結構せまい)。

食券機では肉あんかけチャーハンがものすごくプッシュされていたので、とりあえずそいつを注文することに。
僕は初めてのお店に行く時には必ずそのお店のオススメメニューを頼むことにしている。
その店で打ち出したい特色が一番感じられると思うからだ。あとは、オススメを食べて不味かったら再訪しなくて済むのもあるよね。
大盛りは無料らしい(オープン限定のサービスかも)ので大盛りにして待つことに。
大体10分くらいでサーブ。いろいろ観察していたら、すべてのチャーハンにスープが付くみたいなんだけど、サーブし忘れていたりとか違うものを持って行っちゃったりとかしていて、オペレーション関係は危ういなといった印象。

ひとまず自分のところには無事にサーブされたので、食べてみることに。

(まさかの撮影した写真がすべて消えるという事態に陥ったけど、しょうがない)

味は、「普通!!!!!!!」って感じ。学食感。
肉あんかけは少し酸味が強くてコクが弱い。
肝心のチャーハンも特にパラパラしているとか美味しいとかいうこともなく、すごく雑に表現するなら「ファストフードチャーハン」って感じ。
良くも悪くも680円ならまあこんな感じか、といった感想だった。
あと、量も大盛りにしてやっと満足なので、これが普通盛りだったら本当に物足りなかったかもしれない。
サイドメニューも唐揚げとか餃子はあったけど、なんか写真からチープな感じが出ていたので遠慮した。

正直結構期待していたのだけれども、ショックかもしれない。
もう一回くらい行って試してみようと思う。

ではでは今日はこの辺で。
ば〜い!