読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃっくんろーる!

アニメと食とファッション

今は水筒よりもウォーターボトルの方がイケてる。S`well と mosh!

今日はウォーターボトルについて書いていくよ!

ウォーターボトルと言われて最初に頭に思い浮かべるのはおそらくこれだと思う。

TODAY`S SPECIALのマイボトル。

持っている人が多すぎでもうさすがに買おうとは思いませんが、じっさいに持っていると便利なのは間違いありません。
お水を買うだけでも結構積み重ねていけばいいお値段してしまいますしね。
ちなみにアマゾンでまとめ買いしても一本70円くらいになってしまいます。
例えば一ヶ月に10本買っていたら、それだけでランチ一食分になってしまいますね。
これが例えばジュースなどを自動販売機で買っていたら、一回150円なので月々結構な値段になります。
これを年間で考えると、もう「電力自由化!年間1万円安くなる!」とか考える以前の問題ですよね。

ちなみに僕は会社でコーヒーをどうしても飲みたくなる時があるので、そういう時のためにアマゾンでコーヒーを箱買いしました。
自動販売機で110円のところ、まとめ買いしたら52円で済んでいます。ラッキー!

さて、ということでボトルを買おうと思っていろいろ調べてみました。

想定としては
予算:5000円
規格:保温保冷
容量:300ml以上
外観:おしゃれ
といった感じです。

この条件で調べたところ、2件気に入ったものに出会いました。

S'well


www.swellbottle.com
ニューヨーク生まれのウォーターボトルです。
メイドインチャイナですが、まあ良し。
見た目も結構かわいいですし、なによりもカラーバリエーションが非常に豊富なのがいいですね!
アメリカでは今はどこに行っても大体このボトルが販売されています。

mosh!


www.do-cooking.com
こちらは日本生まれのウォーターボトルです。
同じくメイドインチャイナです。
ミルクボトルをイメージした最高に可愛いデザインで、なかなか人とかぶらないです。
まだそんなに人気にもなっていないので、あまり見かけないです。

さてこの2つの選択肢から僕は
あまり人が持っていない
という1点から、mosh!を選びました。
サイズは350ml。持ち運びやすいサイズの選択です。

実際に外出してもそんなに多くの水分(500ml以上とか)を摂取することはないので、水筒系は基本的には極力省スペースで考えていいと思います。
そう考えるとさらに、S'wellのミニサイズは形があまりよろしくないです。500mlはナイスなんですけれどもね。

あと、価格面でもヨドバシの通販テクニックを使えばかなり安く抑えられたのでmosh!最高です。

ヨドバシの通販テクニック

これは特にカードの登録とかは必要ないテクニックです。便利なのでついでに書いておきます。

ヨドバシカメラは、たまに店頭価格と通販価格が違うことがあります。
それは、通販のみでセールを行うことがあるからです。

今回のmosh!もこのセール対象になっており、全サイズ1000円引きで購入することができました。(今は500円引きみたい)

さらに店頭受け取りのサービスも無料で受けられるので、僕はアキバのヨドバシに行って現物を見て、ネットで安価で店頭受け取り注文をして、店頭用意ができるまでアキバで遊んで、30分後に店頭で現金で支払う……ということをしました。

正直めちゃくちゃ楽です。
ちなみにアキバのヨドバシは営業時間外でも24時間受け取りができるので、最強だと思います。

そんな感じで今日も飲み物代を節約して生きています。

実際に使ってみて

保温保冷効果はきちんとしています。
ただ、以下の3つが難点です。
・洗いづらい
・通常サイズの氷が入らない
・熱い飲み物が熱い

一応上2つはジョッキなど用のブラシと小型製氷トレーを購入することで解決できました。
ここだけクリアすればなかなかです。

あとは熱い件ですが、もうこれは保温効果があるの全ての商品に言えるので頑張るしかないですね。
程よく冷ましてから注ぐか、紙コップなどを用意すると良いです。
僕は程よく冷ましてから注いでいます。

入れるのはドンキホーテの情熱価格商品の紅茶。
50パックが280円とかなので、1日あたり5.6円で満足できます。
最高。


毎日おしゃれに節約していきましょう!

ではでは今日はこの辺で。

ば〜い!