読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃっくんろーる!

アニメと食とファッション

銀座を散歩していたらGUCCI 4 ROOMSが予想以上に良かった

まちこがいたよ。

さて、最近寒くなってきて、既に暖房を入れ始めました。
でも日中はこのくらいの気候の方が過ごしやすいですよね。

ところで、ぼくは街歩きが結構好きです。
記憶力を養えばストレスフリーな生活が!伊藤真『記憶する技術』 - じゃっくんろーる!
これとか

蔵前のコンセント。街歩きでみつけた東京の素敵な場所 - じゃっくんろーる!
こんなのとか書いてます。

個人的な〈歩いていて楽しい街ランキング〉
を勝手に紹介すると、ベスト5は以下のようになります。

5.新宿
4.銀座
3.秋葉原
2.表参道
1.中野

なんだかんだで色々なものがあって毎週違う顔を見せてくれる場所が面白いですね。

そんで、ぶらぶら銀座を散策していたら、GUCCIが凄く面白かったのだ!っていう話です。

仕事に中指を立てて銀座の街を散歩するぼく。
完全にやる気を無くしています。

完全にやる気を無くしているけれども、ビジネスパーソン(笑)なので情報収集は欠かしません。
そんな時に見つけたのがこちらの記事。
gqjapan.jp

超そそられるじゃないですか。

ファッション系意識高い文章量めちゃ長い系の人がFacebookで「いいね!」しているのが流れてきました。

話はそれるのですが、Facebookで超長文を投下されると読む気無くしますよね。
最初の5行で結論を述べてから詳細に入ってほしいです。
ポエムみたいな題名を一行目につけて前置きで10行くらい書いちゃうの、非常に辛いです。

場所と期間

開催場所は銀座のGUCCI路面店ドーバーの2箇所。
GUCCI 4 ROOMSは4つの部屋がテーマで、そのうちの3つが路面店、1つがドーバーにあります。

それぞれの期間は以下のとおり。

GUCCI 4 ROOMS


会場:グッチ銀座7階
住所:東京都中央区銀座4-4-10
開催期間:10月12日(水)〜11月27日(日)
開催時間:11:00〜20:00

会場:DOVER STREET MARKET GINZA 1階
住所:東京都中央区銀座6-9-5 エレファントスペース
開催期間:10月12日(水)〜10月24日(月)
開催時間:11:00〜20:00

ドーバーはもう終わっちゃうので、明日中にはいかなきゃですね!

体験価値ってすごい

GUCCI路面店なんて特に用事もないので今まで足を踏み入れたことがなかったので、今回が初入店でした。
こういった、一般の人でも入る口実になるものがあると、お店側も新客獲得に繋がるので非常にいいですよね。

入った時の接客のよさにびっくり。
なかなか敷居は高いですが、こういったサービスを体験させられることで、潜在的に将来顧客は増えていうだろうなと感じました。
ぼくはラグジュアリーブランドを見る時はいるも百貨店でみていましたが、路面店も非常に良いなと思わされたところでした。

さて、店内に入り、エレベーターで7階に向かいましょう!

部屋へ

7階に着くと、それぞれの説明札が置いてあります。
これも非常に可愛い!
全部で5種類です。


まず第一の部屋が<GUCCI WORDS>
プロジェクションマッピングGUCCIの商品が合わさった視聴覚体験の部屋です。
文字が特徴的で、デザインが非常に気持ちが良い作品です。

そして次が<GUCCI HERBARIUM>
赤い毛糸が何重にも絡められた空間に、GUCCIのアイテムが佇んでいます。
個人的には非常に日本的な空間だなと思いました。
広く毛糸に覆われた情景の中、ひっそりと存在するアイテム。
なのに、若干の息苦しさを感じて不思議でした。

部屋自体が物凄く赤い。

最後が<GUCCI GARDEN>
二次元キャラクターの顔が描かれた巨大な布が目を引きますが、そこはほぼ廃墟のような状態。
ところどころにGUCCIのアイテムが潜んでおり、カオスな印象です。
落書きのバリエーションも豊富で、見ていて飽きない空間でした。
心残りは、まちこちゃんのパンツの色を確認することができなかったことですね……(誰か教えてくれ)。



また、このインスタレーションを見て、日本の二次元文化は完全にサブカルではなくなってしまったなと思いました。
今更ですが、非常にマスになってきていると思います。
特にアニメや漫画の分野では、エロ・グロ以外はどんどんマス化しているように思います。
ちょっと不安です。



話は戻って、場所を変えてドーバーでは<GUCCI GHOST>
場所がいまいちわからなかったのですが、通り抜け通路のウィンドウの中にありました!
まさかドーバーにもあるとは思わず、びっくりしてしまいましたね。



さてこんな感じでしたが、正直写真だけではよさはほとんど伝わっていないので、是非銀座を散歩がてら寄ってみてください!
プロモーションとしては非常に上手なものだと思いますので、色々と参考になるかと思います!

ではでは今日はこの辺で
ば〜い!